散骨が増加する背景と条例や法整備

  • 散骨について知っておきたいポイント

    • 散骨は一般的な葬儀の形としてはまだ誰からも受け入れられている方法というわけではありません。
      したがって、死後に散骨を望んでいる場合には、家族や親せきに自分の考えをしっかりと伝え、理解してもらう必要があります。
      散骨を行っている会社が家族や親せきについての説明を行っていることもありますが、なるべく自分から説明をするということが大切なポイントです。



      また、自分の骨をどのように扱うかということについては、文章で記録しておくことも大切です。

      事前に決めておく必要があるのは、出港場所や、その日時、どのような料金のプランを選択するか、そしてどこに骨をまいてもらうかといったことです。



      死後に行うとても大切な手続きなので嫌がらずにいくらでも話し合いに応じてくれるような会社を選択する必要があります。



      会社に提供した骨はきちんとした管理の下、パウダー状に細かく加工されます。
      散骨の際に、自分が大切にしていた仕事道具や、タバコやお酒、そしてお花などを一緒に扱ってしてほしい場合は、事前に伝えておく必要があります。

      場所は通常の葬儀の際とは違って、街中や墓地ではなく、海辺であるため、公共の場所で行うマナーとして、あまり喪服などの真っ黒の服装は好ましくないケースもあります。


      そこで、散骨を行う場合にはきっちりとした私服で、海辺で転倒しないように、動きやすい靴を着用するといった工夫をすると安全にトラブルを起こすことなく行うことができます。