散骨が増加する背景と条例や法整備

  • 散骨のルールとマナー

    • 近年は、葬儀の方法も多様化しており、墓地への埋葬ではなく、散骨を望む人も増加しています。では、故人に託されたからと言って、思い出の場所や憧れの場所に、遺族が勝手に散骨をしても良いものなのでしょうか。

      法律的には、きちんとマナーを守っていれば、遺族が散骨をするのは容認されています。

      ただ、遺族や親族以外の第三者が行う場合は、委任状が必要です。



      マナーは大きく分けて3つあります。

      一つ目は、遺骨の形状が残らないように、細かいパウダー状にしてから撒くことです。大きさは、一片の長辺が2ミリ以下と規定されており、これは世界に共通するルールとなっています。


      二つ目は、許可されているエリアに撒くことです。



      散骨の場所として許可されているのは、海、業者によって管理されている散骨場、自身の所有地があります。


      海は、観光地や海水浴場、漁場など、産業に影響のある場所には撒けません。

      ボートで沖合に出て、漁場を避けて行うのがベストです。



      業者によって管理されている場所は、周囲の環境への影響を考慮したうえで選定されているため、一番無難です。
      自身の所有地は、近隣住民の承諾、近くに水源がないという条件が揃えば、行うことができます。


      三つ目は、喪服を着て行わないことです。周囲の人が不快な思いをしないように、目立たないように行うのがマナーです。

      また、市町村によって条例に差異があるため、自分が行う場所の条例をしっかりと調べることも大切です。調べられない時は、無理に自分で行おうとせず、業者に頼むのが良いでしょう。